guguはいびきの音「グーグー」から名付けました。
このブログの話は私の実体験・告白です。
いびき・睡眠時無呼吸症候群はさまざまな病気の要因といわれていますが、決定的な病気が発症しなくともすこーしづつ、すこーしづつ人生を狂わせてしまう病気なのでは?と体験的に感じています。
ご家族の方や恋人、パートナーの方は、ぜひ「いびき」の本人にこのブログを見せてあげてください。

2010年06月02日

一泊検査2回目

CPAPの気圧設定と効果確認の為
もう一度一泊検査が必要とのことで、再検査をしました。
予約が出来たのは一ヵ月後。。。驚いたことに結構混んでいるんです

それで結果は↓
検査2回目.gif

睡眠時間8時間中
無呼吸の総数は126回が7回に改善、1時間あたりの無呼吸19.7回が1回に改善
無呼吸と低呼吸の総数は480回が89回に改善、1時間あたり74.9回が13.2回に改善
無呼吸のうち、もっとも長い無呼吸時間は55秒が32.4秒に改善
もっとも低い酸素飽和度は81%が94%に改善

いびきの発生も以前より少なくなり、
若干ではありますが以前より深い睡眠もでていました。

CPAPを使用した頃の直後の感想は
朝起きた時、頭の中がスッキリして起床できたこと、
いびきをかかないので、ノドがいがらっぽくなかった事を覚えています。

CPAPはとにかく効果はありました。
しかし、無呼吸と低呼吸の総数は1時間あたり5回以下が正常値ですので13.2回ではまだ無呼吸が多いことには変わりありません。

また、無呼吸症候群が治るのか?の質問には先生も明確な回答はなく
「いちばんはやせることですよ」と言うことでした。

ともかくこのCPAPをつかうことで
1、私のいびきで夜、家族に迷惑をかけることはないであろう
2、日中、気絶するように突然寝てしまうことを防げる目処ができた
3、十分な睡眠が取れることで、うつの回復も期待できそうだ

という、私にとってのココロの重荷を減らせるかな?と期待を持つことが出来ました。
posted by gugu at 22:11| Comment(1) | TrackBack(0) | いびき治療の履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三十代後半から、一日中頭がぼーっとし(と言うか極端に重い)、集中力が全く無くなり、本が一行程度しか読めなくなり、倦怠感で一日中何も出来ず、この数年やりたい事が思うように出来ず苦々しい毎日でした。
何とか一日でも早く解決しようと、死に物狂いでネット等で調べ続け、ようやく睡眠時無呼吸症候群の診察を予約しました。他にも慢性疲労症候群の診察も予約しました。
睡眠状態も、寝ているのか起きているのか(意識があるのか)分からない感じであり、中途覚醒は十五回位あり、ずっと夢を見ています。四時間程度しか寝られません。
私はやせているのですが、この前「緊張型頭痛かな」と頭痛外来を受診した所、「睡眠時無呼吸症候群にかかってないか?」と聞かれ、また持病で通院している病院で、相撲取りのような体格の医師と、少し世間話をした時、頭がぼーっとする等の症状を話した所「それは典型的な睡眠時無呼吸症候群ですね」との事。
その医師自身が、睡眠時無呼吸症候群であり、医大の恩師も睡眠時無呼吸症候群なので分かると聞きました。
私は基本的に「焦っても仕方がない」と言う考えが嫌いで、「人生は短いから時間は無駄にしてはならない」が持論なので、集中力不足で何も出来ず、この数年を無駄にしたかと思うと、はらわたが煮えくり返る思いです。
十一月はじめに耳鼻咽喉科の診察がありますが、恐らくアデノイドは無いと思うので、呼吸器科に回され、また予約日が先でしばらく待たされ、検査は一泊と、まぁどれだけ時間をかけなければならないか。
とにかく、集中力不足と倦怠感で時間を無駄にするのに腹が立ちます。必ず治します。長文失礼しました。
Posted by やまだ at 2010年10月31日 14:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。